セルライトができやすい部分はどこ?

セルライトは主に、下半身に出来やすいといわれていますね。

下半身の中でも特にできやすい場所は、太ももやお尻、ふくらはぎです。

これらの部分にセルライトができやすい共通の原因は、血行が悪いということです。血行が悪いのは、脂肪が多くてリンパ液の流れがすんなりと行きにくくなっています。

厄介なことに、これらの部分はむくみやすく、老廃物や脂肪がたまりやすくなっています。
ですから、むくみや冷え性などとセルライトは切っても切れない関係ですね。

特に冷え性の女性には、下半身から冷えを感じる人が多いですね。

食べすぎで脂肪がついたら血行も悪くなります

そして下半身以外の部分では、お腹まわりや二の腕にもセルライトはできやすいようです。

これらの部分に共通していることは、血行が悪くて脂肪がつきやすい場所だということですね。

ですから、セルライトは下半身だけしかできないと思い込んでしまうのは危険ですね。

またお尻のまわりなどにも脂肪がつきやすいので、セルライトができやすい部分です。

下半身はもちろんですが、その他にも体全体をケアしていく必要があるといえますね。

セルライトの除去は簡単に行なえることではなく本当に困難です。

根気良く継続していく必要がありますが、効果が目に見えて現れるまでには時間がかかるため挫折してしまう人も少なくありません。

本当にセルライトを改善したいと思ったら、じっくりと時間をかけて治療していく覚悟が必要です。

もちろん根気良く続けていけば少しずつ改善していくはずですから、諦めずに続けることが大切ですね。

このページの先頭へ