EPAは血液の流れをスムーズにします

EPAもセルライトの改善にとても効果的な成分です。

このEPAとはエイコサペンタエン酸の略で、不飽和脂肪酸の一種です。この成分はイワシやサンマ、カツオなどの青魚と呼ばれる魚に多く含まれています。

EPAが多く含まれているサンマ

EPAには血管の壁にコレステロールが付着してしまうのを予防し、血栓症を防ぐ働きがあります。

またドロドロになりがちな血液をサラサラにしてくれる働きもあります。

ちなみに、EPAと同じ不飽和脂肪酸の一種であるDHAにもEPAと同様の働きがあるようです。

不飽和脂肪酸には動脈硬化や心筋梗塞などを予防する効果もあるので、セルライトだけなく成人病にもとても効果的な大切な成分なのです。

そういえば、数年前に流行った「DHAを食べると頭がよくなる!」というブームが一時期起きましたよね。

あれって真意のほどはよくわかりませんが、少なくともDHAを食べただけで頭がよくなったらみんな東大に行けるって!と、当時思ってました。

話が少しそれましたが、EPAはとても酸化しやすい成分なので、ビタミンCやE、ベータカロテンなどと一緒に摂取すると良いそうです。

EPAには血液の中の善玉コレステロールにも含まれてる「リン脂質」という成分が含まれていて、EPAを摂取することでリン脂質も同時に摂取することができます。

このリン脂質には細胞膜を正常に保つ効果や、細胞間の行き来を助ける効果などがあります。

EPAやDHA、リン脂質などあまり知られていないこれらの成分もセルライトを改善する大きな効果がありますので、普段の食生活での摂取を心がけたり、サプリメントなどを上手に利用するなどして、積極的に摂取するように心がけたいですね。

このページの先頭へ